本文へスキップ

弘前医療福祉大学 保健学部 医療技術学科

ホスピタリティーの精神を持った対象者のよきパートナーとして

弘前医療福祉大学 保健学部 医療技術学科 作業療法学専攻のホームページへようこそ

 日常生活活動、学業や仕事などの役割活動、余暇活動などの人が生きて行う目的活動の全てを「作業」といいます。作業療法士は、病気などにより生活のさまざまな側面で障がいを負った人や、それが予測される人を対象に、その人それぞれの生活に必要な活動ができるよう、また、社会生活への適応を目的として生活を再構築し、QOL(生活の質)の維持・向上を援助する医療専門技術者です。

 作業療法学専攻では、医療・保健・福祉に関する専門的知識や技術の習得はもちろん、ホスピタリティー(親切にもてなすこと、厚遇、やさしさと知識・実践)の精神を持った対象者のよきパートナーとして、また人間性豊かな地域社会に貢献できる人材の育成を目指します。

ごあいさつ

土澤学科長  

 作業療法学は、リハビリテーション(全人間的復権)の理念が広く受け入れられ浸透していく中で、その実践を担う技術体系として発展してきました。この我々の時代では、少子高齢化へ加速する中で、人間同士の交流が希薄化し、無軌道な情報が氾濫する現象が続いています。疾病や障害を背負った人々のみならず、一般の人々さえ「再び本来あるべき姿」すなわち、リハビリテーションを真剣に考えなければならない局面に至ってるのではないでしょうか。人間はいつの時代にも、「為すべきこと」と「為したいこと」のバランスを図りながら日々を営み人生を全うしています。最善のバランスを求めようとする時、「作業」は古く、そして同時に新しい魅力的な探求の対象となるのです。「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ、やがて大きな花が咲く」。学生たちは、冬長きこの地で学び、成長し、やがて大輪の花を咲かせると信じます。待つ人々は多いのですから。


NEWS

2014年1月16日
作業療法学専攻ホームページをリニューアルしました。

バナースペース

弘前医療福祉大学 保健学部
医療術学科 作業療法学専攻

〒036-8102
青森県弘前市小比内三丁目18番地1

TEL 0172-27-1001
FAX 0172-27-1023